本文へスキップ

下鴨本町の老舗。藤田歯科医院です

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.075-781-2077

〒606-0862京都市左京区下鴨本町15

○○町の○○○科クリニック。ビルダークリニック

ようこそ、藤田歯科医院のホームページへ。

藤田歯科医院では、来院された方と医院との心の壁を無くすように心掛けています。
親戚のおじちゃんおばちゃんとの、また友人同志のようなコミュニケーションが、治療を通して結ばれれば嬉しく思います。
治療に際しては、お互い思っていることを本音で話し合って、治療にあたります。
時には耳に逆らうことを言うかもしれませんが、お許しを。
押しつけのない治療を目指しています。よろしく!

informationお知らせ

  • 3月・4月の休診日のお知らせ

    3月18日(水)4月15日(水):公務のため午後から休診します。
  • コロナウイルス(COVID-19)に関して
    感染予防に関しては、通常のインフルエンザに対する対策で十分です。
    石鹸による手洗い(可能であればアルコール消毒)、うがい、人混みを避ける、また抵抗力を落とさないために十分な休養・睡眠を心掛ける。
    また、マスクの払底が心配されていますが、マスクの着用では空気感染するウイルスに対してはほぼ無効です。マスクの着用は咳などが出る場合、飛沫を周囲にまき散らさない、感染症を他人に感染させない用途で用います。
  • 厚生労働省のHP:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
  • オノマトペ
    「オノマトペ(onomatopoeia)」聞きなれない言葉かもしれませんが、擬音語、擬態語と言えばまだ分かりやすいかな。ペタペタ(貼る)とか、どっ(と笑う)などの表現の事です。これは日本特有の表現方法で、古くは「古今著聞集」にも見られます。例を挙げれば「よっぴいてひゃうど放つ」「むずと組んでどうど落つ」という記述があります。感覚的にその情景が目に浮かぶようですね。
    変わった表現では、「赤ん坊があかあかと泣く」「夜に犬がびょうびょうと啼く」なんてのもあります。

    で、何が言いたいかというと当院へ来院される患者さんが痛みを表現される時に「ずきずき」「ずきん」「しくしく」「きりきり」「わくわく」「ちくちく」などいろんな表現をされるんですが、凄く良く分かるんです。こういった表現は、英語などでは非常に貧弱です。バングラデシュの患者さんなんか「なんかおかしい」これだけです。何にもこちらに伝わってこない。

    最近、日本食文化ということが言われてきています。食事のおいしさを表現するのにも「オノマトペ」が使われています。「もっちり」「しゃきしゃき」などなど 「まったり」もそうかも知れません。親友のK野先生がこれについていろいろ考察を加えられて、近畿北陸地区歯科医学大会で発表されましたし、これまたK本先生が大和学園という調理師養成学校でオノマトペを基調に講演をされました。
    美味しい食事を、と考える時には歯と口の健康が欠かせない。 ほんとこれなんです。
  • あちこちへ行楽などに出かけられる機会も増えるかと思います。
    そんな時には是非とも歯ブラシや歯間ブラシなどの携帯をお忘れなく。
    清潔な口で食事が楽しめます様に

    なお御都合の悪い場合にはご連絡ください。予約日時の変更をいたします。

  • 駐車場について

    12月から駐車場の場所が変わります。本町18ガレージをご利用ください。
    3番、10番をお使いください。
  • 泉荘アパート後に契約駐車場ができ、以前の駐車場より近くなりました。当院東の信号を北へすぐです。
  • 梅の木町65ガレージは11月いっぱいで契約が切れます。
    ご利用頂いていた梅の木町65ガレージの契約は11月末日までです。
  • 健康保険について

    受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。コピーは使えません。
    保険証がない場合、自費での診療になりますのでご注意ください。
    申し訳ありませんが、医療券の取り扱いは致して居りません。

藤田歯科医院ビルダークリニック

〒606-0862
京都市左京区下鴨本町15
TEL 075-781-2077
FAX 075-781-2077